投稿

ファクタリングとは 図解 経営改善ラボ

【PR】






















































【PR】
















ファクタリングの仕組みについて

ファクタリングは、企業が売掛金を現金化するための手法の一つです。通常、企業は商品やサービスを提供した後、顧客からの支払いを受け取るまでに時間がかかることがあります。この支払いをすぐに受け取りたい場合や、資金繰りのために現金が必要な場合に、ファクタリングが利用されます。

以下に、ファクタリングの仕組みを詳しく説明します。

1. 売掛金の売却

企業がファクタリングを利用すると、通常はファクタリング会社に売掛金を売却します。つまり、将来の支払いを受け取る権利をファクタリング会社に譲渡することで、現金を即座に手に入れることができます。

2. 審査と割り当て

ファクタリング会社は、売掛金の信用力や顧客の支払い能力を評価する審査を行います。審査に合格した場合、ファクタリング会社は売掛金の一部または全部を割り当て、その額に応じて現金を企業に支払います。

3. 債権の回収

売掛金の支払い期日が到来すると、顧客は通常、ファクタリング会社に支払います。ファクタリング会社は支払いを受け取ると、その額から手数料や手数料を差し引いた残額を企業に支払います。

4. 信用リスクの管理

ファクタリング会社は、売掛金の回収リスクを負うことになります。そのため、信用リスクの管理が重要です。ファクタリング会社は、顧客の信用力や支払い履歴を適切に評価し、リスクを最小限に抑えるための対策を講じます。

5. ディスカウント料の支払い

ファクタリングは、即座に現金を手に入れるための手段ですが、その利用には手数料やディスカウント料がかかります。企業は、売掛金の一部を手数料としてファクタリング会社に支払うことになります。手数料の額は、売掛金の額や信用リスクなどによって異なります。

6. 資金調達と資金繰りの改善

ファクタリングを利用することで、企業は即座に現金を手に入れることができます。これにより、資金調達のニーズを満たし、資金繰りを改善することが可能になります。特に売掛金が多く、現金が必要な場合には、ファクタリングが有効な手段となります。

まとめ

ファクタリングは企業が売掛金を現金化する手法であり、顧客からの支払いを受け取るまでの時間を短縮します。審査を経てファクタリング会社が売掛金を購入し、支払期日に顧客からの支払いを受け取ります。手数料を差し引いた残額が企業に支払われ、資金調達と資金繰りの改善に役立ちます。