甲状腺がん.jp

本サイトは日本国内にお住まいの甲状腺がん患者さんおよびそのご家族を対象としています。

SANOFI
文字サイズ
  • ホーム
  • 甲状腺がんの治療
  • 甲状腺がんの治療
  • 手術療法

甲状腺がんの治療

手術療法

甲状腺がんの手術には、それぞれメリットとデメリットがあります

  • ・手術の方法を決めるときには、そのメリットとデメリットについてよく理解することが大切です。
  • ・不安や疑問に感じることがあったら、主治医に相談してください。
各手術方法のメリットとデメリット
手術方法 切除範囲 メリット デメリット
葉切除術
(ようせつじょじゅつ)
片側
  • 手術後、甲状腺ホルモンを薬で補う必要がないことがあります。
  • 温存した甲状腺に小さながんが残る可能性があります。
  • 手術後、再発が確認されたり、放射性ヨウ素を用いた再発の検査や治療が必要になったら、残した甲状腺を取り除くための再手術が必要になります。
  • 声帯の運動をつかさどっている反回神経(はんかいしんけい)の麻痺を起こす可能性があります
亜全摘術
(あぜんてきじゅつ)
2/3以上
全摘術
(ぜんてきじゅつ)
すべて
  • 手術後、放射性ヨウ素による再発・転移の検査や治療が容易になります。
  • 手術後、サイログロブリン(Tg)を腫瘍マーカーとした再発・転移の検査が可能となります。
  • 甲状腺の機能が失われるため、甲状腺ホルモンを薬でずっと補う必要があります。
  • 場合によっては、副甲状腺機能の低下が生じ、血液中のカルシウムが不足するため、薬で治療を受ける必要があります。
  • 声帯の運動をつかさどっている反回神経(はんかいしんけい)の麻痺を起こす可能性があります
  • 声帯の運動をつかさどっている反回神経(はんかいしんけい)の麻痺を起こす可能性があります

用語解説

ヨウ素
主に海藻類に含まれる物質。からだの中では甲状腺細胞のみが取り込むことができ、甲状腺ホルモンの材料となる
放射性ヨウ素
放射線を出すヨウ素で、131Iなどがある
サイログロブリン
甲状腺細胞から分泌されるたんぱく質
腫瘍マーカー
がんがからだにあると血液中に増えてくる物質。がんの種類によって異なるため、診断や治療効果の確認に用いられる

戻る

次へ

最終更新日:2017年7月3日 GZJP.THYR.17.06.0211