甲状腺がん.jp

SANOFI GENZYME
文字サイズ
  • ホーム
  • 甲状腺がんの治療
  • 治療後の経過観察
  • 再発・転移の観察

甲状腺がんの治療

再発・転移の観察

定期検査の種類

手術などの治療を受けたあとも、がんの再発や転移がないかを調べるために定期的に検査をする必要があります。

主な検査項目は、腫瘍(しゅよう)マーカーであるサイログロブリン(Tg)検査、超音波(エコー)検査、シンチグラフィー、コンピューター断層撮影検査(CT)、磁気共鳴画像検査(MRI)などです。Tg検査は、甲状腺の全摘術(ぜんてきじゅつ)を行った患者さんが対象となります。

これらの検査を必要に応じて行いますが、一般的に検査の間隔は、手術後1~2年間は3ヵ月間隔、手術後2~3年間は6ヵ月間隔とされています。なお、病院によって検査の間隔は異なることがあります。

甲状腺ホルモン薬と検査の関係

定期検査で行われるサイログロブリン(Tg)検査や放射性ヨウ素を用いたシンチグラフィーは、がんの再発・転移の早期発見に有効とされています。

これらの検査の精度を高めるためには、脳下垂体(のうかすいたい)から放出される甲状腺刺激ホルモン(TSH)の量を増やし、Tgの分泌やがん化している甲状腺細胞の放射性ヨウ素の取り込みを促進する必要があります。

甲状腺全摘術後、患者さんは甲状腺ホルモンを補う薬を服用します。今までの検査では、TSHの量を増やすために、甲状腺ホルモン薬を一時中断する必要がありました(ホルモン休薬法)。それにより患者さんは、甲状腺機能の低下によるさまざまな症状を我慢しなければならず、QOL(生活の質)の低下が問題となっていました。

しかし、最近では、甲状腺ホルモン薬の服用を中断せずにTSHの量を増やす方法、ヒトチロトロピン アルファ法が開発され、検査に伴うQOLの低下を防ぐことができるようになりました。

甲状腺刺激ホルモン(TSH)を増やす検査方法
TSH刺激の方法 特徴
ホルモン休薬法
  • 甲状腺ホルモン薬の服用を検査実施の2週間以上前から一時中断し、ヨウ素を含む食事も制限します。その上で、放射性ヨウ素カプセルを服用して、Tg検査やシンチグラフィーを受ける検査方法です。
  • 甲状腺ホルモン薬の服用中断で、皮膚乾燥、疲労感、むくみ、寒気、食欲の低下、嗄声(させい:声のかすれ)、うつ症状などさまざまな甲状腺機能低下症の症状があらわれます。これらの症状は、甲状腺ホルモン薬の服用を再開しても2週間またはそれ以上続くことがあります。
ヒトチロトロピン
アルファ法
  • 放射性ヨウ素カプセル服用の前々日、前日の2回、ヒトチロトロピン アルファを注射して、Tg検査やシンチグラフィーを受ける検査方法です。甲状腺ホルモン薬は検査前も継続しますが、ヨウ素を含む食事は制限します。
  • 甲状腺ホルモン薬の服用は継続できるため、甲状腺機能低下症の症状があらわれることがありません。

用語解説

腫瘍マーカー
がんがからだにあると血液中に増えてくる物質。がんの種類によって異なるため、診断や治療効果の確認に用いられる
サイログロブリン
甲状腺細胞から分泌されるたんぱく質
放射性ヨウ素
放射線を出すヨウ素で、131Iなどがある
ヨウ素
主に海藻類に含まれる物質。からだの中では甲状腺細胞のみが取り込むことができ、甲状腺ホルモンの材料となる
脳下垂体
からだの働きに関係する多くのホルモンの分泌を刺激する下垂体ホルモンを分泌する器官

最終更新日2014.1.23

戻る

次へ