甲状腺がんと言われたら甲状腺がんと言われたら

甲状腺がんの進行度

がんの種類や病期に応じて、治療法が決定されます

  • ・がんの進行の程度は、病期(ステージ)であらわされます。
  • ・甲状腺がんの病期は、下記の要素で決定されます。
    • 患者さんの年齢(45歳以上か未満か)
    • がんの種類
    • がん(腫瘍)の大きさ
    • がんの広がり(浸潤:しんじゅん)の程度
    • がんができた場所(原発巣:げんぱつそう)のまわりのリンパ節への転移
    • 他の臓器や器官への転移の有無
    • がんの種類
  • ・一般的に病期の段階が早い場合には予後が良く、その段階が進むにつれて予後が悪くなります。
  • ・がんの種類や病期により、適する治療が異なります。未分化がんは、がんの細胞が未成熟なため、増える速度が速く、病気の進行も速いのです。

乳頭がん、濾胞(ろほう)がんの病期(45歳未満)

病期 進行状況
Ⅰ期 がんが、頸部(けいぶ:のどのこと)にとどまっており、ほかの臓器に転移していない
II期 がんが、肺、骨などの離れた臓器にまで転移している

参考:甲状腺癌取扱い規約(第7版)

乳頭がん、濾胞(ろほう)がんの病期(45歳以上)、および髄様(ずいよう)がんの病期

病期 進行状況
Ⅰ期
  • がんが、甲状腺の中にとどまっている(大きさ:2cmを超え、4cm以下)
II期
  • がんが、甲状腺の中にとどまっている(大きさ:2cmを超え、4cm以下)
Ⅲ期
  • がんの大きさが4cmを超える
  • がんが、甲状腺のすぐ外側まで広がっている(リンパ節への転移なし)
  • がんが、甲状腺のすぐ外側まで広がっている[気管、喉頭(こうとう:声帯のある部分)周辺のリンパ節に転移している]
ⅣA期
  • がんが、頸動脈(けいどうみゃく:のどにある太い動脈)の外側のリンパ節や胸の中心上部のリンパ節に転移している
  • がんが、甲状腺の外側の臓器に広がっている[皮膚、咽頭(いんとう)、気管、食道、反回神経(はんかいしんけい)など]
ⅣB期
  • がんが、甲状腺の外側まで大きく広がっている[椎骨前筋膜(ついこつぜんきんまく)、胸の中心部の血管や頸動脈(けいどうみゃく:のどにある太い動脈)など]
  • 肺や骨などには転移していないが、リンパ節への転移がある
ⅣC期
  • がんが、肺や骨などの離れた臓器にまで転移している

参考:甲状腺癌取扱い規約(第7版)

未分化がんの病期

病期 進行状況
ⅣA期 がんの大きさにかかわらず、甲状腺の中にとどまっている(リンパ節への転移は含まれる)
ⅣB期 がんが、甲状腺の外側まで広がっている(リンパ節への転移は含まれる)
ⅣC期 がんが、肺や骨などの離れた臓器にまで転移している

参考:甲状腺癌取扱い規約(第7版)

用語解説

リンパ節
からだの免疫をつかさどる細胞が集まっている器官
転移
がんが、最初にできたところから離れた臓器、器官に広がること
予後
今後の病状についての見通し