甲状腺ってなに?甲状腺について甲状腺ってなに?甲状腺について

甲状腺機能亢進症とは?

甲状腺の働きが活発になりすぎることで、さまざまな症状があらわれる病気です

甲状腺機能亢進症の患者さんの性別の割合

  • ・男性:女性=1:4の割合(女性に多い) です。
    ただし、高齢者の甲状腺機能亢進症は必ずしも女性に多いわけではありません。

甲状腺機能亢進症の主な症状

  • ・甲状腺の腫れ
  • ・多汗(たかん:汗をよくかくこと)
  • ・動悸(どうき:心臓の拍動が強く感じられること)
  • ・食欲増進
  • ・体重減少:若い患者さんでは、体重が増加する場合もあります。
  • ・眼球突出(がんきゅうとっしゅつ)
    :眼球が飛び出て見えること。バセドウ病で特によくみられます。
  • ・落ち着きがなくなる
  • ・手が震える

甲状腺機能亢進症の特徴

  • ・甲状腺機能亢進症のほとんど(85%以上)の原因はバセドウ病であるとされています。
    発症のピークは30代とされています。

甲状腺機能亢進症の治療

  • ・薬や手術、放射線による治療が行われます。

用語解説

バセドウ病
からだの免疫に異常が起こり、TSHに似た抗体(こうたい:からだに入ってきた異物からからだを守る物質)をつくってしまうことで、甲状腺の働きが高まりすぎる病気